【持論】そもそも『良い音』とは何なのか。

世の中にはCDやカセット、レコード、
MP3やWav、ハイレゾ音源(FLAC等)など様々な媒体に音楽が入っています。
「この中で一番音が良いものはどれ?」
と問いかけた時に多くの人は『ハイレゾ音源』と答えるでしょう。
果たしてそうでしょうか。
アナログよりもデジタルのほうが『良い音』なのでしょうか。
CD(16bit, 44.1kHz)よりもハイレゾ(24bit,48kHz)のほうが『良い音』なのでしょうか。
アナログやデジタル、数字だけみれば確かに「レコードよりもCD」、「CDよりもハイレゾ」と言えるかもしれません。
確かにハイレゾ音源にはCDの数倍もの音の情報が含まれています。そのため高音がとても綺麗に聴こえたり、音の解像度が良かったりします。
しかし、ほとんどの人はその違いを明確に聴き分ける能力は持っていません。
ましてや小さなスピーカーやイヤホンではほとんど聴き分けるのは不可能に近いです。
ハイレゾ音源(ここでは高ビットレート音源の事を意味します)は情報量が多いため音に角があり、情報量の少ないCDのほうが聴きやすく感じることがあります。
そしてデジタル音源(CD)よりもアナログ音源のほうが優しい音で聴きやすいともいいます。
ここ近年レコードの売上が伸びてきているといいます。
高価な音響機材を揃え、わざわざレコードを聴いてる人もいます。
音は目に見えません。なので違いがわかりづらいのです。
また、良い音というのは音楽を制作する過程がとても大きく影響します。
そこそこのサウンドエンジニアが制作したハイレゾ音源よりも、凄腕のエンジニアが制作した音源をレコードで流したほうが断然良い音に聴こえるでしょう。
カタログなどに載っている数値は一つの指標でしかありません。
自分が一番良いと思った機材、環境で聴く音が『良い音』だということを忘れないでください。